Jazz Guitarist Hiroshi Takashima 高嶋宏

Profile

Profile

1951年9月1日山形市生まれ、乙女座、B型。好きな食べ物は中華料理、甘いもの。
「フルハウスミュージックアカデミー講師」、「ルーツ音楽院非常勤講師」、「東邦大学非常勤講師」
 4歳からマリンバを習う。ブラスバンドではサックスを担当。中学でギターを始め、中牟礼貞則氏、高柳昌行氏に師事。大学2年の時、新宿ピットインにてプロデビュー。21歳の時友人の曲の編曲を頼まれアレンジが斬新と評価され古賀賞新人賞を受賞、3年ほどフルバンドなどのアレンジをやる。

板橋文夫グル-プ、酒井潮トリオ、ジョ-ジ川口スーパーバンドのレギュラーメンバーとして活動後、自己のバンド「ソウルミーティング」を結成。 2010年のスイングジャーナルの人気投票ではギタリスト部門で3位、コンポーザー、アレンジャー部門で12位、バンド部門ではソウルミーティングが13位にランクインされている。

リーダーアルバムは
 「イン・マイ・ソウル」(高嶋宏ソウルミーティング)エイユウレコード
 「ドゥ・ザ・ブルース」(高嶋宏ソウルミーティング)ホワッツニューレコード
 「フルハウス(リスペクト・フォー・グレイト・ジャズジャイアンツ)」
  (高嶋宏ソウルミーティング)ホワッツニューレコード
 「デュオ」(高嶋宏 meets 豊田隆博)ホワッツニューレコード 
 「ドゥ・ザ・ブルース」(ボーナステイク入りリメイク盤)
  (高嶋宏ソウルミーティング)ホワッツニューレコード
 「イン・マイ・ソウル」(復刻盤)(高嶋宏ソウルミーティング)ホワッツニューレコード
 「空気音」(トミー・キャンベルのバンドと2バンド)
  (高嶋宏ソウルミーティング)ボディ&ソウル
 「491 Street」(高嶋宏ソウルミーティング)ホワッツニューレコード
 「Beautiful Friendship」(高嶋宏&豊田隆博)ホワッツニューレコード

2004年の「山形国際ジャズフェスティバル」に自己のグループ「高嶋宏ソウルミーティング」で出演。2009年には青森の「南郷ジャズフェスティバル」、ホノルルのギターサミットに出演。2010年アルバム「491 Street」をリリース。横濱ジャズプロムナードには初回より2014まで毎年出演。現在、高嶋宏トリオ、テナーサックスやヴォーカルを加えた高嶋宏ソウル・ミーティングで演奏活動中。ブルースフィーリングたっぷりでグルーヴィーなプレイは国際的にも高い評価を
得ている。

専門学校の講師としても30年のキャリアを持ち、現在は、「フルハウスミュージックアカデミー」、「ルーツ音楽院」、「ジャム音楽学院」、2007年には東邦大学理学部情報科学科の非常勤講師としてジャズの講義を行ってる。

テレビ番組やラジオ番組にも多数出演し、NHKやCATV番組のレギュラー出演を果たす。CD「イン・マイ・ソウル」はブリスベン空港のBGMに使用され、また、マツダの「アテンザ」のプロモーションビデオのタイトル曲にCD「ドゥ・ザ・ブルース」からオリジナル曲「SO I DO」がとりあげられ、BSアサヒなどでCMとして放映。

様々なタレントのサポートメンバーとしても活動し、過去には森山良子、欧陽菲菲、上條恒彦など。

主な海外の共演者はケニー・バレル(g)、ジミー・スミス(org)、マッコイ・タイナー(p)、バリー・ハリス(p)、サー・チャールズ・トンプソン(p)、ギルド・マホーネス(p)、ロブ・バガード(p)、ラリー・ゲイルス(b)、ジェームス・ジーナス(b)、ルイス・ナッシュ(dr)、アート・テイラー(dr)、デニス・チェンバース(dr)、ロレツ・アレキサンドリア(vo)、ランディ・ブレッカー(tp)など。

2015年より事務所は東京だが居住を山形に移し2016年より「フルハウスミュージックアカデミー」を山形、東京、インターネット計6箇所を設立。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional